薬剤師の転職で有利な時期はあるのか

薬剤師の転職に適したタイミング

4月は人材が最も移動しやすい季節ですが、新しい環境に馴染めず退職などが多くなるのがこの3ヵ月後の夏くらいです。
私も夏に空く枠を狙って新しい職場を探し、詳しい労働条件なども精査していました。
そこそこの現場の経験値がある薬剤師なら即戦力として扱われますので、全くの新人よりも競争で有利になれる側面を持っています。
転職サイトに登録しておくと、どこかのお店や病院から逆オファーが来ることもありますから、梅雨の時期くらいから本格的な活動を検討しておくとお得かもしれません。
他にも感じたこととしては、秋口の転職活動も有利だと思います。
これは冬になって気温が下がり空気が乾燥すると、体調を崩す人が増えるからです。
病院でも冬に臨時の求人情報を出すところは多く、正規で働きたい人にとっては秋に入ったタイミングで自分を売り込みに行くと先手を打てます。
どうしても病院の場合は給与がやや低く、ドラッグストアとは違った緊迫感のある忙しさがあります。
私も過去に5年間働いていたのですが、残業も結構あって大変でした。
スキルアップには申し分なかったので経験値を積む目的であればいいでしょうが、ゆとりのある働き方をしたい人には十分な話し合いを面接の際にしておくことをおすすめします。
どうか後悔のない選択をしてください。

薬剤師として2回転職を経験 : 薬剤師の転職に適したタイミング : タイミングが良ければチャレンジすべき

薬剤師 転職 時期薬剤師にとって最高の転職時期とは